【節税対策と方法】 - 法人税・FX・不動産など

【節税対策と方法】 - 法人税・FX・不動産など

「くりっく365」を利用しての節税対策とは?

FX取引の税金には「総合課税」と「申告分離課税」の2つがあることはご存知ですね。一般的な店頭取引の場合、利益分はその他の所得と合計して、その「合計額」に税率が適応されます。これを「総合課税」と呼んでおり、サラリーマンとしてのお給料など、FX利益以外の所得が高いほどFX利益に対する税率も変化する仕組みです。

さて、総合課税であれば、FX以外の所得が多い人は損をすることになります。たとえば、FX利益が100万円である2人のサラリーマンがいたとします。1人はサラリーマンとしての年収が「300万円」であり、もう1人は「1000万円」だとします。総合課税は、所得の「合計額」に税率が適応されますので、「300万円+100万円=400万円」と「1000万円+100万円=1100万円」ではそこに適応される税率にも大きな差が出てしまいます。

そこでオススメなのが「申告分離課税」です。申告分離課税とは、FX以外の所得額に関係なく、現在の法律では「一律20%」と決まっているのです。申告分離課税が適応される取引は「取引所取引」であり、「くりっく365」などがそうですね。

さて、前述のように、「くりっく365」では税率が「一律20%」と決まっていますので、20%を目安のラインとして考える必要があります。つまり、総合課税で税率が「21%以上」であるなら、「くりっく365」を利用した方がお得ということになりますし、総合課税での税率が「20%未満」であるなら、逆に「くりっく365」を利用すると損をすることになります。

しかし、「くりっく365」には手数料などが存在しており、取引自体が多少不利になることがあります。税率が「一律20%」というのは分かりやすいラインですが、取引自体がうまくいかないのであれば何の意味もありません。したがって、「税率+取引のやりやすさ」の両面から、「くりっく365」を利用するかどうかを決めておきましょう。


▲ページの先頭へ