【節税対策と方法】 - 法人税・FX・不動産など

【節税対策と方法】 - 法人税・FX・不動産など

「医療費」はちゃんと記載しておこう!

「10万円を超える医療費については控除の対象になる」というのは有名ですね。1年間で10万円を超える医療費を支出した場合、それを申告することで還付金が出るというものです。しかし多くの方が、「どうせ10万円も使っていないよ」と思っているんですね。つまり、「最初から申告する意思がない」ということです。じつは、医療費として認められる支出には様々な種類があり、ひょっとしてあなたの家庭の医療費も10万円を超えているかもしれません。そこで、医療費として認められる種類をしっかりと勉強して、10万円を超えるようなら必ず申告するようにしておきましょう。

まず、「医師による診療費・治療費」は「医療費」になりますね。また、治療や療養に必要な「医薬品の購入費用」も医療費になります。したがって、風邪をひいてお医者さんに行った場合、診療費と治療費だけでなく、薬局などで購入した薬のお金も「医療費」として計算しておきましょう。またこの時の「領収書」や「レシート」を保管しておくことをお忘れなく。

では、「鍼灸治療」や「マッサージ指圧」などはどうでしょうか?じつは、これらも治療を目的としているなら「医療費」として計算できるんですよ。肩こりに悩んでいる人が整骨院で施術を受けることもあると思いますが、「肩こりの治療」という名目があれば、医療費として認められる可能性が高いのです。

さらに、妊婦さんの「出産に必要なお金」のほとんどが、医療費として申告できるのです。しかも、入院するときの「タクシー代」なども医療費として認められやすいですし、出産費用はほとんどのケースで10万円を超えることでしょう。したがって、妊娠が分かったなら、そこからの出産の準備などで必要なお金の領収書などを必ず保管しておくようにしておきたいですね。


▲ページの先頭へ